ラッパー

【徹底解説】ラッパーの早雲 (そううん)とは?フリースタイルダンジョン出場が期待される京都のラッパー

ラッパー早雲(そううん)の画像

 

 

MCバトルが好きなアナタは、ラッパーの早雲 (そううん)を知っていますか?

 

 

京都レペゼンのラッパーで、UMB2012では、準決勝でフリースタイルダンジョン ラスボスR指定と対戦しています。

 

 

今回はそんな早雲について紹介します。

 

追記(2019/12/29)

 

早雲がUMB2019準優勝しましたね!!

 

決勝のAuthority(アウソリティー)とは、延長に及ぶ死闘でしたが、惜しくも負けてしまいました。。

 

しかし、早雲の実力が再認識されたので、今後のバトルの動向も要チェックですね。

 

早雲 (そううん)のプロフィール

 

本名 調査中
年齢 31歳(現在2019/12/27)
出身 京都府
バトル戦績 UMB2012 BEST4
所属 Zero Gravity

 

早雲(そううん)は、Zero Gravity(ゼロ グラビティ)というHIPHOPクルーに所属していて京都を拠点として活動しているラッパーです。

 

 

鳥取出身で、UMBでブレイクしたラッパーJAKE(ジェイク)と仲が良く、2 on 2のMCバトルではタッグを組んで出場しています。

 

 

また、京都で開催れているMCバトルイベント「下剋上」のスピリットを継承しており、早雲は、ベテランMCとなった今でも、チャレンジャーの気持ちを忘れないと語っていました。

 

 

私生活では、結婚していて長女と長男の2人の子供もいます。

 

 

UMB2019京都予選を優勝したことを、家族に伝えたところ、一番喜んでいたのが、5歳の長男だったようで、その日の寝る前に、「優勝おめでとう」と耳元でささやいてくれたというほっこりエピソードがあります。

 

 

UMB CIY2017では、京都に35年ローンで家を買い、永住の地に決めたと発言していましたね。

 

主なバトルの戦績

 

早雲は、

 

  • UMB2012 BEST4
  • UMB2015 BEST4
  • UMB2019 準優勝(NEW)

 

の戦績を持っています。

 

 

UMBでは大きなインパクトをカマすのですが、準決勝で、2012ではR指定、2015ではCHICO CARLITOの優勝者と当たって惜敗しているので、あと一歩なんですよね。

 

 

UMB2019にも出場予定なので、3度目の正直の優勝を期待します。

 

 

また、実績と実力的にも、フリースタイルダンジョンに出場してもおかしくない早雲ですが、凱旋MCバトル2019 秋の陣の呂布カルマ戦では、オファーはあったけど断った旨の発言をしていました。

 

 

TVに出ることが自身の美学と異なることから断っているようですね。

 

ベストバウト

 

そんな早雲のベストバウトを紹介します。

 

UMB2012 vs R-指定

 

 

 

言わずと知れた、最強ラッパーR指定との対戦です。

 

 

早雲は、

 

 

「日本一を決める前に、まずは決めよう関西のエース、俺に勝つのは難解度S、蓋を開ければワンサイドゲーム

 

「お前のほうが、キバ脆い(もろい)、おまえは偽物か?韓国製チマチョゴリ

 

 

 

完成度の高いライミングを披露します。

 

 

R指定は、

 

 

「韓国だったらお前もドラム缶に詰め込むニダ、尼崎、美代子角田(みよこすみだ)

 

「来年の話したら鬼が笑う、おまえのライムありきたり、オチが分かる

 

 

こちらもハイレベルなライミングかつ、アンサーが光ったためR指定の勝利。

 

R指定の強さが出た試合でしたが、早雲も上手さを見せました。

 

 

 

戦極MCバトル第16章関西予選 vs MC frog

 

 

 

大阪レペゼンのフィメールラッパーMC frogとの対戦です。

 

 

MC frogは、

 

自分の努力でここまで上がってきたんだよ!それをちゃんと分かってくれる奴にだけ送るバース」

 

 

フィメールとカテゴライズするのではなく、あくまで自分自身をレペゼンする姿勢を見せます。

 

 

早雲は、

 

 

顔では笑って、背中で泣いてる、これがMC、漢の生き様

 

娘に見せてやりてぇよ、カッコいい女がいるぜ

 

 

MC frogに最大限のリスペクトを込めつつ、自分のスタイルを崩さないで、勝利します。

 

早雲 (そううん)の楽曲

 

早雲(そううん)は、楽曲制作にも力を入れているので、バトルとは違った一面を見れます。

 

今回はそんな早雲の楽曲を紹介します。

 

Intro -Say to See-

 

 

 

ロウでダークなビートに、早雲独特のリリックがハマっています。

 

ワードチョイスが渋くて、呂布カルマとも通ずる部分がある印象です。

 

独白Remix 早雲

 

 

 

DUSTY-I / 独白のRemixです。

 

 

早雲はリリシストですね。

 

 

フロウで逃げるフワフワした曲が多いなか、リリックを突き刺してくる数少ないラッパーだと思います。

 

まとめ

 

早雲(そううん)は京都を永住の地と決めて、本当の意味で京都をレペゼンしているラッパーです。

 

音源ももっと伸びていいと感じるほどカッコいいので、チェックしてい見て下さい。