ラッパー

【徹底解説】ラッパーSAM(サム)とは?戦極MCバトル第20章優勝の凄腕ラッパー

栃木県出身で戦極MCバトルでも活躍したラッパーSAM(サム)の画像

 

 

戦極MCバトルやUMBが好きな人は、SAM(サム)を知っていますよね!?

 

 

最近の戦極MCバトルでは常に好成績を出していて、フリースタイルダンジョンにも登場し、活躍したこともある実力派のラッパーです。

 

 

今回はそんなSAM(サム)について紹介していきます。

 

SAM(サム)のプロフィール

 

 

本名 調査中
年齢 25歳(2020/03/31現在)
出身 栃木県
バトル戦績 戦極MCバトル 第20章 優勝
所属 MastaQuench(マスタークエンチ)

 

 

SAM(サム)は1995年生まれの栃木レペゼンで、戦極19、20章優勝というビッグタイトルを獲得している、実力派のラッパーです。

 

 

同じ1995年生まれには、

 

UMB2018の王者 mu-ton(ムートン)や、

3代目モンスターID(アイディー)がいて、

 

団体戦となる戦極19章では、2人とチームを組んで、優勝しました。

 

 

その大会では、むしろSAMがチームを引っ張って、勝ち星を稼いでいました。

 

 

SAMのラップの特徴は何といっても押韻です。

 

よくいる若手の4・8小節で踏む韻ではなくて、集中していないと聞き逃してしまうほど、バースのいたるところに張り巡らされた韻が特徴的です。

 

さらに最近では、押韻ではなく、言葉遊びも上手で、思わずオッと声を出してしますようなアンサーも返します。

 

SAM(サム)の主なバトルの戦績

 

SAM(サム)は、

 

  • UMB2018 BEST8
  • 戦極16準優勝
  • 戦極19・20章優勝

 

といった戦績を持っています。

 

2017年頃は数々の大会で、準優勝が重なり、シルバーコレクターと言われていた時期もありましたが、

 

2019年は、戦極の2連覇を筆頭に数多くの大会で優勝をしていて、一皮むけた感覚があります。

 

 

押韻でお客さんを盛り上げる能力は、現役では最高クラスなので、大舞台で会場を沸かせることができ、UMB・KOKといった大会とも相性がいいのではないでしょうか。

 

 

また、その実力に見合った人気も出てきているので、今後のバトルを引っ張っていくキーマンになるでしょう。

 

SAM(サム)のベストバウト

 

SAM(サム)はベストバウトメイカーと呼ばれるほど、いい試合をします。

 

そんなSAMの試合を紹介します。

 

戦極MCバトル第18章 vs ID

 

 

同じ95世代で、楽曲も一緒に作るIDとの一戦です。

 

早いビートなので、押韻タイプのSAMよりも、フロウ巧者のIDが有利かと思われました。

 

予想通りにIDがビートに上手くハマってラップします。

 

 

しかし、対するSAMも押韻スタイルは崩さないものの、韻を踏みながらも内容が詰まったバースで応戦します。

 

スタイルウォーズとなったこの試合は延長に突入します。

 

延長ビートは「Cho Wavy De Gomenne

 

またもやID有利のビートで、SAMも自身バースでそれの点に触れますが、自らのスタイルを崩さずにSAMが勝利します。

 

LINE MUSIC×戦極 vs Siva

 

 

大分出身で、普段はバンドでラップをしている、ラップスキルに定評があるSiva(シバ)との一戦です。

 

ラップスキルが高い両者ならではの試合になります。

 

 

SivaはLINE MUSICとの連携しているイベントから連想して、

 

ラインを引きな真ん中、白背景に緑、言葉の中に、いろは、いろはす水のように、浸透してくフロウ

 

  • ライン=LINEとボーダーライン
  • いろはす=いろはにほへと(50音)、ラインと同じ緑と白のテーマカラー

 

といったようなテクニカルなリリックを披露します。

 

 

対するSAMも、

 

「俺も歩いた茨道、今日は山じゃなく都内に、芝(Siva)狩りに

 

と、上手な返しをします。

 

ラップが上手な人同士のバトルは、何回か聞いてやっと、意味を理解できるのが、楽しいところですね。

 

SAM(サム)の楽曲、アルバムは?

 

SAMはバトルの印象も強いですが、楽曲もカッコいいです。

 

どちらかというとポエトリーよりのラップスタイルなので、リリックが刺さってきます。

 

TRUTH feat ID

 

 

盟友IDとの楽曲です。

 

SAMの淡々と言葉を吐いていくラップと、IDのグルービーなHOOKがキマってます。

 

ラップスタイルは全く違った2人だからこその化学反応が見れます。

 

TECHNICSfeat. MAKA, SAM, NAIKA MC

 

 

こちらの楽曲は、北関東のオールスターの楽曲です。

 

オールドなビートに、各バースではなく、全員が混ざり合ってラップしているので、疾走感があります。

 

まとめ:SAM(サム)は、MCバトルの次世代を背負うラッパー

 

SAM(サム)は最近、最も勢いがあるバトルMCです。

 

すでに戦極の全国大会を制覇しているので、今後はUMB・KOKなどの大会を制して、次世代のフリースタイルキングになって欲しいですね。