ラッパー

【徹底解説】ラッパーの韻マン(いんまん)とは?フリースタイルダンジョンで活躍したMC

大阪出身で高校生ラップ選手権に出場したラッパー韻マン(インマン)の画像

 

MCバトルが好きな、そこのアナタ、00世代のラッパー韻マンを知っているでしょうか?

 

第15回高校生ラップ選手権にて、彗星のごとく現れて、オリジナリティ溢れる押韻で、一躍人気ラッパーになりました。

 

今回は、そんな韻マンを紹介していきます。

 

追記(2020/02/19)

 

韻マンがフリースタイルダンジョンに出場しましたね!

 

特殊なタイプのMCなので、審査員の反応が心配でしたが、ぶち上げてくれましたね。

 

IDには負けてしまいましたが、楽曲制作にも力を入れる発言があったので、今後も楽しみです。

 

韻マン(いんまん)とは?ラップの特徴は?

 

韻マンは、2001年大阪生まれで、第15回高校生ラップ選手権初出場でBEST4の戦績を持つ、00世代のラッパーです。

 

00世代とは、百足(むかで)、藤Koos(ふじこーす)、ONO-D(おのでぃー)など、2000年生まれの学年を総称して、00(ゼロゼロ)世代と呼ばれております。

 

 

韻マンのラップスタイルは、その名の通り、押韻を重視しています。

 

ただ、彼の押韻は他のラッパーと違い「語感踏み」と呼ばれています。

語感踏みとは、通常の押韻である母音を全て揃えて踏むのではなく、「語感が似ているから、なんか踏めている」というもので、韻マンオリジナルの韻がたくさんあります。

 

韻マン(いんまん)の主なバトルの戦績

 

韻マンは第15回高校生ラップ選手権 BEST4 第16回高校生ラップ選手権BEST8、凱旋MCバトル 秋の陣では、晋平太、SAM(サム)とチームを組んで優勝しています。

 

晋平太のYou Tubeチャンネルに大会に向けての練習風景がアップされていますが、韻マンの踏む韻が長すぎて、後ろの人がその韻を拾いきれない様子が映されています。

 

 

大会では、晋平太・SAMのトップレベルのバトルMCにも引けを取らない活躍を見せていたので、今後の成長次第では、大きな大会で結果を出すMCになるかも知れませんね。

 

韻マンの【韻】

 

ここでは、韻マンが踏んだ特徴的な韻を紹介します。

 

韻マンの韻

「適当心に来ねえしもしくはボイスメッセージ、韻に特化しすぎちゃったホメオティック遺伝子

 

延長線上 楽しんでいくぜ まるでそう 伝説ポケモン してくだけ そう 永遠のゼロ 轢き殺します 泉北高速鉄道

 

「韻マン先陣シルバーズレイリー軽く首飛ばしちゃう緋村剣心雑魚掻っ捌いてビーフハンバーグステーキOSKの新型核兵器

 

韻マンは普段から、図鑑や百科事典を参照して、韻を発掘しているようですが、それにしてもフリースタイルで、これだけの韻を量産するのは、頭の中がどうなっているのか気になりますよね(笑)

韻マン(いんまん)のベストバウト

 

韻マンは韻に特化していてアンサーを返す気がないので、会話が噛み合わないことも多々あります。

そんな韻マンのベストバウトを紹介します。噛み合わなさも注目して下さい。

 

戦極MCバトル 第20章 vs GOMESS

 

 

高校生ラップ選手権初期の人気ラッパーGOMESSとの対戦です。

 

相手をディスらずに対話に持ち込むタイプのGOMESSと、相手へのアンサーは一切無視で韻を踏みまくる韻マンの対戦だったので、どうなるのか予想も付きませんでした。

 

 

GOMESSは、韻マンが韻を踏む過程で、同じ言葉を2回言ったり、接続詞がおかしくなっている矛盾点を的確について、会場を盛り上げます。

 

 

劣勢かと思われた韻マンは3バース目では、

 

「毎回フロウがどうこうって、メンヘラかよ、嘘やろ、内容オールクソ雑魚って、ちゃんとやれやプロやろ」

と、文脈が通った韻を踏みます。

 

結果はGOMESSの勝利となりましたが、相手へのアンサーも返しつつ韻も踏むという韻マンの進化が見られました。

 

第15回高校生ラップ選手権 vs百足

 

 

同じ00世代、代表格の百足(むかで)との対戦です。

 

百足は会場のお客さんに対して、「帰る頃にはコイツの踏んだ韻覚えていないぜ」と的確なディスで盛り上げます。

 

この発言にたいして韻マンは、

 

覚えてないぜウォーリーを探せ、もしくは極真空手、ボコボコ毒入れるコモドオオトカゲ、客も覚えてるよ、ほんのちょっとだけ

 

と恐ろしい完成度の韻を踏みますが、結果は延長の末に百足に敗れてしまいます。

 

まとめ:韻マン(いんまん)はその名に恥じない押韻スペシャリスト

 

韻マンは、その名に恥じない、韻に特化したMCです。

 

バトルセンスと、オリジナルな韻は唯一無二なので、今後の成長では、ビッグタイトルの獲得も現実味があります。