Authority(アウソリティー)

CIMA(シーマ)vs.Authority(アウソリティー)凱旋MCバトル夏ノ陣2019【#好きなバトル】【#バディマンボーイなら井手上漠君】

CIMA(シーマ)vs.Authority(アウソリティー)凱旋MCバトル夏ノ陣2019【#好きなバトル】【#バディマンボーイなら井手上漠君】

 

 

【じょうの韻踏む時のがなり声はキライだけど、アウソリティーは許せる!】

 

(分かる人いますかね…?)

 

気を取り直して、好きなバトルを紹介していこうと思います。

 

今回紹介するのは、【Authority(アウソリティー) vs CIMA(シーマ) 凱旋MCバトル夏ノ陣2019】

 

若手とベテランラッパー同士の対戦ですね。

 

素人目にバースを語ってみますので、間違いがあれば訂正いただけると幸いです。

 

Authority(アウソリティー)のプロフィール

 

 

本名 調査中
年齢 22歳(現在 2019/12/18)
出身 青森県
バトル戦績 UMB2018 準優勝
所属

 

 

青森県出身のAuthority(アウソリティー)

 

 

最も勢いがある若手ラッパーです。

 

 

最近出てきたように感じられますが、高校生ラップ選手権の第11回大会に出場していたり、UMBには2016年から連続出場していたりと、着々と実力をつけてきた苦労人です。

 

 

R指定を超える可能性がある数少ないラッパーですね。

 

青森県出身でUMB2019優勝したラッパーauthority(アウソリティー)の画像
【2020年最新】Authority(アウソリティー)とは?大注目の最強の若手ラッパー 最新のバトルをチェックしているアナタは、Authority(アウソリティー)に注目しているのではないでしょうか?...

 

バトルMC:CIMA(シーマ)

 

 

本名 調査中
年齢 31歳(現在2019/12/13)
出身 兵庫県西宮市
バトル戦績 UMB CIY2017 準優勝
所属・クルー Boil Rhyme(ボイル ライム)

 

CIMAHIDADDYが代表を務める、大阪一二三屋で働いており、関西をレペゼンするラッパーです。

 

 

また、2019年には待望の第一子が誕生して、私生活でも乗りに乗っているMCですね。

 

 

そんなCIMAのラップの特徴は、熱韻とよばれるアツいバイブスと、アンダーグラウンド純度が高いリリックです。

 

今回紹介するバトルでも、アングラなリリックが光っているので、要チェックです。

 

ラッパーCIMA(シーマ)の画像
ラッパーのCIMA(シーマ)とは?フリースタイルダンジョンで活躍したラッパー バトルが好きなアナタは、ラッパーのCIMA(シーマ)をしっていますか? CIMAはフリースタイルダンジョン...

 

Authority(アウソリティー) vs CIMA(シーマ)/凱旋MCバトル夏ノ陣2019

 

 

 

CIMA(シーマ)とAuthority(アウソリティー)と対戦です。

 

凱旋MCバトル春の陣で優勝して、大本命だったCIMAと乗りに乗っているアウソリティーとの対戦でした。

 

バース1:CIMA(シーマ)

 

CIMA(シーマ)は、

 

「BOIL、これライブで放火済み、優勝を持って帰るローカルに

 

クルーである「Boil Rhyme(ボイル ライム)」のライブで会場を盛り上げ済みで、バトルでも2連覇して、優勝を地元に持って帰るという覚悟が見えます。

 

バース1:Authority(アウソリティー)

 

対するアウソリティーは、

 

「でも2018、豊作の年、俺も上げる地方、ローカルの狼煙

 

アンサーを返しながらも、2018年UMBで準優勝したことをライミングで落とします。

 

「あんたのライブはカッコよかったぜ、だから俺もリスペクトを込めて、ぶつかるよ」

 

CIMAへのリスペクトがみられる場面もありました。

 

バース2:CIMA(シーマ)

 

CIMA(シーマ)は、

 

「でた最後にリスペクト、褒めても俺、中指すぐ出るよ」

 

アウソリティーからのリスペクトをミドルフィンガーで返します。

 

最近の若手ラッパーは、ベテランとのバトルでビビってリスペクトに逃げる奴も多いので、呆れているのかもですね。

 

バース2:Authority(アウソリティー)

 

アウソリティーは、

 

「あの日、自分に打った句読点、だけど進むよ、ピリオドの向こうへ」

 

UMBで結果が出せずに、自分に限界を感じていた過去を、2018年の活躍で乗り越えた力強さを感じるバースです。

 

バース3:CIMA(シーマ)

 

CIMA(シーマ)は、

 

「俺はM男でもないし、どっちが見たら分かる、お前はバディボーイ」

 

感傷的なライミングをしたアウソリティーに、痛烈なディスをカマします。

 

「ビートズレても好きにやるから、この身体、腹の底から言霊伝わる、分かるかな、ぼうや」

 

細かい押韻でグルーブを作るという、テクニカルなライミングとビートアプローチを見せてくれました。

 

CIMAの指摘にもあったようにDJ CHAKAがビートズラしまくって、萎えましたね。

 

みなさんは、DJ CHAKAをどう評価してますか?

 

ぼくなんかよりラップ好きな人の意見が知りたいです。

 

バース3:Authority(アウソリティー)

 

アウソリティーは、

 

「バディマンボーイなら井手上漠君、スパッ…切り裂く、切れ味抜群

 

CIMAに言われたバディボーイにアンサーしつつ、完璧なライムで会場を盛り上げます。

 

 

「関西、言っとくよ、ほなおおきに、あの日のKIDSがKING、ほらもう時期

 

美しい落としでバースを締めました。

 

最終バースで会場の雰囲気をゴッソリ持っていき、アウソリティーの勝利!

 

OMK(おまけ):凱旋MCバトルは、YouTubeで見られる!

 

凱旋MCバトルは近年最も成長しているバトルイベントです。

 

YouTubeでバトルを見るもよし、気になればイベントに参加するもよいので、自分なりの楽しみ方をしてみてはどうでしょうか。