ラッパー

【徹底解説】ラッパーの梵頭 (ボンズ)とは?UMB2019で活躍したラッパー

ラッパー梵頭(ボンズ)の画像

 

MCバトルが好きなアナタは、ラッパーの梵頭 (ボンズ)を知っていますか?

 

 

岐阜県出身で、フリースタイルダンジョン2代目モンスターとして活躍した裂固(れっこ)も所属するHIKIGANESOUND(ヒキガネサウンド)というHIPHOPレーベルの代表を務めています。

 

 

UMB2019では、準々決勝でAuthority(アウソリティー)とベストバウトを演じるなど、近年バトルでも活躍していているMCです。

 

 

今回はそんな梵頭 (ボンズ)について紹介します。

 

梵頭 (ボンズ)のプロフィール

 

本名 木下 勇喜 (きのした ゆうき)
年齢 34歳(現在 2019/12/30)
出身 岐阜県
バトル戦績 UMB2019 BEST8
所属 HARIGANESOUND(ハリガネサウンド)

 

梵頭 (ボンズ)は、岐阜県出身で、地元にてHARIGANESOUND(ハリガネサウンド)の活動を通して、岐阜のHIPHOPシーンを牽引する活躍をしています。

 

 

名前の由来は、20代でラッパーを始める際に、野球好きの仲間から、「バリーボンズに似ているよね」と当時活躍していたメジャーリーガーから付けたようです。

 

 

活動初期は、「BIG BONZ」として活動していましたが、呂布カルマが主催を務めた2011年のイベントで、フライヤーに「梵頭」という名前で書かれたことから、その後は、「梵頭 (ボンズ)」に書き方を変えたようです。

 

 

また、梵頭 (ボンズ)は、2度の服役経験や、父親の指名手配など、ハードな人生を歩んでいることから、ハードコアな経験を楽曲やバトルで表現しています。

 

 

ちなみに、岐阜刑務所で一番美味しかった、食べ物は「カレー」と「ハワイアンチキン」だそうです。

 

 

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

梵頭 (ボンズ)の主なバトルの戦績

 

梵頭 (ボンズ)は、

 

  • 戦極東海獏丸祭 2019 準優勝
  • UMB2019 BEST8

 

の戦績を持っています。

 

 

実績もさることながら、梵頭のバトルは印象に残ります。

 

 

堅気とは思えない見た目はもちろんですが、バトル中には、ユニークな草ネタを替え歌で表現したりと、他のバトルMCとは違うオリジナルなスタイルでインパクトを残します。

 

 

ただ、基礎的なラップスキルの土台があるために色物ラッパーではなくて、あくまで会場を盛り上げる表現の1つとして昇華しているところに梵頭の凄さがあるのではないでしょうか。

 

 

同じく草ネタを得意とする名古屋のラッパー、BASE(ベース)とは私生活でも親交が深いようで、BASEとは、バチバチになりつつも楽しくバトルが出来るため、毎試合印象に残っているようですね。

 

 

梵頭 (ボンズ)のベストバウト

 

そんな梵頭のベストバウトを紹介します。

 

凱旋MC バトル夏ノ陣2019 vs NovelCore

 

 

 

高校生ラップ選手権の優勝者で、メジャーシーンでも活躍するNovelCoreとの対戦です。

 

 

対照的な2人のバトルなので、どうなるかワクワクしますね。

 

 

NovelCoreは、

 

 

「誰が相手でも関係ねぇ、ぶち上げることがまず大前提、盛り上がれ最後尾・最前列、優勝して凱旋で街宣、Yeah

 

「孤独でラップする自信過剰、てかお前こそビビんなよ!?

 

 

安定感のあるリズムキープと、固いライミングで会場を盛り上げます。

 

 

梵頭は、

 

 

すいません、吸います!

 

 

間に合わなかった、マリ○ァナなかった??

 

 

梵頭らしいリリックで、会場をロックして勝利します。

 

 

 

戦極東海獏丸祭 vs BASE

 

 

 

名古屋出身でプライベートでも仲の良いBASEとの対戦です。

 

 

BASEは、

 

上を向いて歩こうよ、コカ○ンがこぼれないように、思い出す先週末、溶かしすぎてた夜

 

 

梵頭は、

 

幸せなら草を吸おう、幸せなら草を吸おう、幸せなら態度で示そうよ、ほらみんなで草を吸おう

 

 

バトルと言うよりも2人のセッションのようになりました。

 

決して、地上波では見ることの出来ないバトルなので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

 

 

梵頭 (ボンズ)の楽曲

 

梵頭は自身の楽曲と、HARIGANESOUNDでの楽曲など、様々な曲をリリースしています。

 

そんな梵頭の曲を紹介します。

 

MIC TERRORIST- HIKIGANE SOUND

 

 

 

梵頭が代表を務める、HIKIGANE SOUNDでの楽曲です。

 

MC一人ひとりの個性が光る楽曲なので、レーベルごと上がっていってほしいですね。

 

Chain Smokerz feat STONEDZ

 

 

 

ドープなブラックサウンドに、梵頭のアンダーグラウンドなラップがマッチしています。

 

 

普段なら見ることのない世界を覗き見している感覚でクセになります。

 

まとめ:梵頭 (ボンズ)はアングラを体現するベテランラッパー

 

梵頭 (ボンズ)は過酷な過去をHIPHOPで変えた、アンダーグラウンドを体現しているMCです。

 

 

レーベルオーナーとして岐阜のシーンを上げつつも、MCバトルでの活躍を期待しています。