ラッパー

【2020年最新】最強MCバトルラッパー5選!

 

MCバトルが好きなアナタは、

 

ラップ好き男
ラップ好き男
最強のバトルMCって誰なんだろう?

 

と考えたことはありませんか?

 

 

今回は、バトルヘッズ歴7年の僕が独断と偏見で最強ラッパーを決めました。

 

 

異論はあると思いますが、見てくれたら嬉しいです。

 

第1位:R指定

 

ラッパーR指定(してい)の画像

 

言わずとしれたR指定が最強ラッパーになりました。

 

 

史上初のUMB 3連覇・フリースタイルダンジョンでの活躍を考えると、現役のラッパーと比べても、その実力は頭一つ飛び抜けていることに異論はないでしょう。

 

 

最近では、TV番組・ラジオ・CMなどにも出演して、活躍の場を広げており、新たなHIPHOPファンの獲得にも貢献していますよね。

 

 

どんなラッパーがR指定を超えるのか?そもそも、そんなMCが出てくるのか、今後のHIPHOPシーン全体の関心事でもあります。

 

 

 

第2位:呂布カルマ

 

 

呂布カルマは、フリースタイルダンジョンでの活躍や、勢力的に出場しているバトルイベントでの活躍を考えると、R指定についでの実力を持っているラッパーです。

 

 

少し前までは相手を論破するスタイルの印象でしたが、最近ではラップスキルで相手を圧倒するバトルも増えて、現在も進化しているラッパーです。

 

 

呂布カルマ自身も、若手MCに負けることで、次の時代を任せて、バトルを引退することを考えているようなので、次世代を担うラッパーの誕生が望まれますね。

 

 

第3位:RAWAXXX(ローワックス)/mol53(もえるごみ)

 

宮崎県出身で、UMBやKOK・戦極MC BATTLEでも活躍するラッパーmol53(もえるごみ)改め、RAWAXXX(ローワックス)の画像

 

KOK2019で優勝したRAWAXXX(ローワックス)も最強MCの一人です。

 

 

KOK2019では、天敵だった呂布カルマにも悲願の勝利をしているので、RAWAXXX(ローワックス)に敵う現役ラッパーは、少ないですね。

 

 

バトルイベントの出場は数少なく、練習も全くしていないながらで、KOKで優勝してしまうほどのパフォーマンスを発揮しているので、本腰を入れればR指定にも匹敵する実力があることは間違いないでしょう。

 

 

第4位:Authority(アウソリティー)

 

ラッパーauthority(アウソリティー)の画像

 

SPOTLIGHT2019やUMB2019で優勝し、若手MCの枠を超えて、その実力を示したのが、Authority(アウソリティー)です。

 

 

20代前半で最強候補となっている唯一のMCです。

 

 

まだ、バトル中に集中力が切れてしまうなど、安定感を欠いてしまう面もありますが、今後の成長次第では、R指定を超える最強ラッパーになる可能性もあるでしょう。

 

 

第5位:mu-ton(ムートン)

 

ラッパーmu-ton(ムートン)の画像

 

UMB2018で圧倒的な実力を発揮して優勝したmu-ton(ムートン)も最強候補でしょう。

 

 

フリースタイルダンジョンに出場した時は、呂布カルマを簡単に倒してしまうほど、無敵感が半端ではなかったので、ハマった時の実力は相当なものでしょう。

 

 

ただ、mu-ton(ムートン)はバトル引退を再三口にしているので、最強になる前にバトルシーンから姿を消してしまう可能性が濃厚です。

 

 

まとめ:R指定が今後も最強だが、成長次第では、Authority(アウソリティー)も…

 

R指定の実力が飛び抜けてしまっているので、引退しない限りは最強の座は変化しないのではないでしょうか。

 

 

ただし、成長次第では、Authority(アウソリティー)もR指定を超える可能性があるので、進化して再度フリースタイルダンジョンに挑戦してほしいですね。