MCバトル

UMBも、MCバトルのDVDとしてオススメしたい

 

最近話題になっている、MCバトル。

 

フリースタイルダンジョンや高校生ラップ選手権を見て、面白いと感じ、YouTubeなどでバトル動画みて、アナタも、ハマったのではないでしょうか?

 

そんな方の次のステップとして、バトルのDVDを買うことをオススメします。

特にオススメなのが、UMBです。

 

今回はそんなUMBの魅力を紹介しようと思います。

UMBとは?

 

UMBの詳細名は、ULTIMATE MC BATTLE(アルティメット エムシー バトル)で、2005年より始まったMCバトルの大会である。勝敗の全てを観客が決定する、全員参加型のヒップホップイベント。
-Wikipedia 引用

 

また、UMBの特徴としては、全国各地で予選を行ない、その県のチャンピオンが年末に一堂に会して、頂点を目指す年間を通して年間を通して大会が行われていることにあります。

 

個人的な感想ですが、UMBの大会の雰囲気は、他のイベントとは違って、特別な緊張感があり、神聖なイメージがあります。

どんなMCが出場するの?

 

UMBは全国各地で予選を行なっていることから、様々なタイプのMCが出場します。

 

都道府県によって、お国柄が出るのか、バトルスタイルが異なります。

 

大阪であれば、押韻主義、福島の白河であれば、フロウ重視など、その地方のHIPHOPシーンの色が濃く出るので、注目すべき点です。

 

また、UMBは注目度が高いことから、年末の本戦でカマしたMCは、一気に全国的な知名度を得ます。

 

2016年のmu-ton(ムートン)や、2018年のAuthority(アウソリティー)などは、UMBで活躍して、知名度やPROPSを得ました。

UMBの歴代の優勝者は?

 

歴代の優勝者は、

・FORK

・般若

・鎮座DOPENESS

有名ラッパー揃いです。

 

中でも特筆すべきなのは、

2010 2011 2連覇
晋平太

2012 2013 2014 3連覇
R指定

この二人でしょう。

そんな2人が対戦したのが、UMB2010です。

 

当時、若干18歳の天才ラッパーR指定とフリースタイルキングと呼ばれていた晋平太との一戦です。

 

2度の延長にもつれる両者互角の試合は約10年前とは思えないハイレベルな闘いです。
この試合がキッカケでフリースタイルを始めた人が大勢いる伝説の試合です。

UMBのオススメの大会は?

 

私がオススメするのは、2014年大会と2016年大会です。

 

2014年大会は、R指定が3連覇を達成する大会ですが、出場者も豪華でした。

 

のちにKOKを連覇するGADORO、R指定とは因縁の関係であるDOTAMA、モンスターとして活躍する呂布カルマなどの強者が出場していました。

 

現場で観ていたんですけど、R指定DOTAMAの試合は、満員の赤坂BLITZが、揺れるような歓声で、めっちゃくちゃ興奮しました。

 

2016年大会は、NAIKA MCが悲願の初優勝をした大会です。

 

この大会では、優勝したNAIKAはもちろんですが、mol53(RAWAXXX)や、呂布カルマの試合も見応えがありました。

 

mu-ton(ムートン)が初出場したり、MCニガリがBEST4まで勝ち上がったりと、若手の勢いも感じられた大会でした。

UMBアプリもオススメ!

 

UMBのアプリで、月額480円(2019/11/15現在料金)の会員登録をすると、BEST8からの予選試合を全て見放題となります。

 

過去試合もアーカイブされているので、2014年の大阪予選でのR指定の試合や、2016年の福島予選でのmu-tonの試合なども見られます。

 

私は通勤時間に見すぎて、月の半ばなのにデータ制限をくらったこともあります(笑)

 

それほど豊富なコンテンツがワンコインで楽しめるので、気になってる方には、是非オススメです。

まとめ

 

UMBは全国各地を勝ち抜いたMCの頂点を決める大会です。

 

UMBのタイトルを取ることは、他の大会よりも重く、歴代のレジェンドと肩を並べることとなります。

 

そんなUMBに興味を持った方は、本戦を見たければDVDの購入を、予選を見たい方はアプリのダウンロードをしてみてはどうでしょう。