MCバトル

「ラップバトル×Clubhouse」の可能性は?未来のスターが誕生する!?

「ラップバトル×Clubhouse」の可能性は?未来のスターが誕生する!?

 

 

アナタは「Clubhouse(クラブハウス)」を知っていますか?

 

 

「Clubhouse(クラブハウス)」とは、2021年1月30日現在、Twitterを中心にバズっている新しいSNSです。

 

 

正直、意識高い系の人が騒いでいる印象ですね…。

 

 

しかし、実はラップバトルとの相性が良さそうなので、今回はその理由について紹介してみます。

 

新SNS「Clubhouse(クラブハウス)」とは?

 

読者様
読者様
というか、そもそも「Clubhouse(クラブハウス)」って何だよ!?

 

 

と感じている人がほとんどだと思います。

 

 

「Clubhouse」を一言で表すと、「音声版Twitter」

 

 

ただTwitterと違うのは、完全招待制ということ。

 

 

ユーザー1人につき、知人2人までしか招待できないんですよね。

 

 

なので、招待された人はドヤってTwitterで自慢しているって感じです。

 

 

使い方としては、ユーザーが、アプリ上でチャットルームを作成して、世界中の参加者とリアルタイムで音声のやりとりをします。

 

 

友達とのおしゃべりを配信したり、講義のように一人で配信したりと、様々な活用法が。

 

 

「Clubhouse」を生み出したアメリカでは、ラップバトルを配信しているチャットルームもあるみたいですね。これが今回の記事を書いた理由でもあります。

 

 

一時的に流行っているのか?これからの主流のSNSとなるのか?どうなるか楽しみですね。

 

「ラップバトル×Clubhouse」の可能性は?

 

では、「ラップバトル×Clubhouse」の可能性について紹介しますね。

 

 

先ほども言いましたが、アメリカでは、ラップバトルを配信しているチャットルームもあるようです。

 

 

このムーブメントが日本でも起きるのかを考えてみました。

 

「Clubhouse」が国民的アプリになれるか?

 

そもそも「Clubhouse」を使っている人が増えないと、「ラップバトル×Clubhouse」の可能性はありません。

 

 

なので、まず大事なのは、「Clubhouse」自体が国民的アプリになれるかどうか、ですね。

 

 

執筆時(2021/01/30)では、盛り上がっているものの、意識高い系中心の一部な印象。

 

 

これが、一般の人や学生にも普及してくるかは、まだ分からないです…。

 

 

現状の「完全招待制」を考えると、どうしても爆発的な普及は難しそう。

 

 

ただ、どこかのタイミングで「完全招待制」はなくなるのではないかと考えています。

 

 

サービスの初期段階では、どうやってインフルエンサーに使ってもらえるかが大事。

 

 

なので、初めはプレミアム感を出して、ジャンジャン使ってもらうのが良いのでしょう。

 

 

「完全招待制」がなくなって、一般の人・学生も使えるようになれば、国民的なアプリになる可能性は十分あります!

 

「Clubhouse」でMCバトルの大会が開催される?

 

国民的なアプリになれば、「Clubhouse」でMCバトルの大会が開催されるのではないかと考えます。

 

 

「Clubhouse」ではチャットルームを作って、仲間(スピーカー)を呼ぶだけで、簡単に音声でのやりとりが出来ちゃいます。

 

 

なので、ラッパーとDJがいるだけでラップバトルが出来ちゃいますね。あとは司会がいれば大会です。

 

 

また、バトルを聴きたい人は、チャットルームに入るだけで、オーディエンスになれちゃう手頃さ。

 

 

会場費用や交通費がかからないので、場所やお金を考えずに、沢山の人にラップバトルを聴いてもらえます。

 

 

なので、個人が企画する小規模なMCバトルから、UMB・KOK規模のバトルが開催されてもおかしくないでしょう。

 

年齢・居住地・性別・容姿が関係なく活躍できる?

 

「ラップバトル×Clubhouse」のムーブメントが広がれば、

 

年齢・性別・容姿・居住地が関係なく活躍するラッパーが出てきそうですね。

 

 

今でも、YouTubeやInstagramの登場で、ラッパーが活躍する機会が増えています。

 

 

知名度が低いラッパーが、YouTubeのバトル動画で、一気に人気を獲得するケースがありますもんね。

 

 

ただ、どうしてもバトルイベントに出場するとなると、東京や大阪などの都市に行かないとダメでした。

 

 

しかし、「Clubhouse」で活躍できるようになれば、年齢や住んでいる場所が関係なくなりますよね。

 

 

また、音声だけなので、性別や容姿での先入観もなしで、シンプルにスキル勝負になりそう。

 

 

見たことがないオモロイラッパーが見つかるかもしれませんね!

 

「ラップバトル×Clubhouse」で次世代のラップスターが生まれるかも!?

 

と、まあ、当たらなそうな予言めいた記事を書いてみました。

 

 

ただ、「ラップバトル×Clubhouse」がハマった時は、ラッパーにとってチャンスが広がるのは確実。

 

 

将来的には、「Clubhouse」発のラップスターが誕生するかも!?

 

 

そんな期待を懐きながら、行く末を楽しみにしてみましょう!