MCバトル

【第3回】好きなバトルMCとベストバウトを紹介したい

DJの画像

 

私はMCバトルが好きだ。

 

近年では高校生ラップ選手権や、フリースタイルダンジョンの影響で、お茶の間にも認知が広がったMCバトル。

 

第3回も、私が好きなMCと、ベストバウト(名試合)を紹介したい。

 

輪入道(わにゅうどう)

 

輪入道(わにゅうどう)は千葉県レペゼンで、THE 罵倒 2018 GRAND CHAMPIONSHIP 優勝、KOK 2016 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL 準優勝という実績を持つ2代目モンスターのラッパーです。

 

長渕剛のファンを公言しており、実際に長渕剛の10万人オールナイト・ライブのステージも経験している。

バトルの特徴

 

彼のバトルの特徴は、なんといっても熱いバイブスです。

こめかみに血管が浮き出るほど、熱量が込められた気迫あるラップをします。

相手との対話重視ではありますが、リズミカルなフローをするスキルフルなラップも出来る実力派です。

 

ベストバウト

 

罵倒2012 vsTK da 黒縁

 

フリースタイルダンジョン好きなら、このマッチアップは知っていると思いますが、
過去にも彼らの対戦は行われていました。

 

16×3小節という長丁場でも1小節も無駄のない両者の熱い語り合いは、
ディスり合うという次元を超えた、熱い対話を感じます。

 

接戦の末に輪入道は、TKに敗北を喫しますが、輪入道自身も本バトルを、印象深いバトルだと、ニートYOKYOのインタビューで話していました。

mu-ton(ムートン)

 

mu-ton(ムートン)は1995年、福島県白河市レペゼンで、フリースタイルダンジョン Monsters War 2017優勝、UMB2018優勝の経歴を持つ、新世代のMCです。

 

バトルの特徴

 

彼のバトルスタイルは、フローを重視しており、聴き心地がより、グルーブ感は唯一無二です。

 

彼自身、「何っているのかわからないのにカッコいいのが一番凄い」といっており、韻や会話ではなく、純粋なラップのスキルで勝負しています。

 

ベストバウト

 

UMB2016 vs BASE

 

 

名古屋レペゼンで、低く渋い声とアンダーグランドなリリックセンスが特徴の有名MCであるBASEとの一戦です。

 

くじ引きシードにより、初戦を勝ち進んで、二試合目がこの試合でした。

 

初戦でもカマしていましたが、2バースだけだったので、お客さんもまだmu-tonの実力を計りきれていませんでしが、本試合でmu-tonの名前を全国的に広めました。

 

延長でのmu-tonの「エイトビート、パッキン、ジャストミート」という音にハメたバースが完璧に決まり、勝利しました。

 

フリースタイルダンジョン vs 呂布カルマ

 

フリースタイルダンジョンにて無敵の強さを誇っていた呂布カルマに完璧に勝利したのがmu-tonでした。

 

理路整然と相手の矛盾点をついていく呂布カルマでしたが、この試合では革新的なディスは出せず、対するmu-tonは前の裂固戦で完全に会場の雰囲気を味方につけており、「それじゃ無理じゃね、俺は弱い者いじめは趣味じゃねえ」というパンチラインを出し、勝利しました。

 

スナフキン

 

スナフキンは埼玉県熊谷市レペゼンで、B-BOY PARK 2013優勝、2015戦極MC BATTLE外伝 優勝といった経歴を持つラッパーです。

 

バトルの特徴

 

彼のバトルスタイルは、フローを重視しており、ビートアプローチは現役MCの中で最高峰です。

また、ストリート感が強いリリックを武器にパンチラインを出します。

ベストバウト

 

フリースタイルダンジョン vs DOTAMA

 

フリースタイルダンジョンに登場したスナフキンは大きな爪痕を残しました。

 

特にDOTAMA戦ではスナフキンの真骨頂であるフローとリリカルさが出てました。

 

2試合目では、Kick Pushのオシャレなビートを乗りこなし、「見せつける俺の躍動感、ヤバすぎて呼んでこい、100当番」というリズミカルな韻を出して勝ちました。

 

B-BOY PARK 2013 vs 黄猿

 

 

B-BOY PARKの決勝の舞台で、下町のフロー巧者なMCの黄猿と対戦しました。

 

B-BOYイズムのビートの上で、「今日は黄猿をぶっ飛ばす、またストレス飛ばす、言葉、ジェットバス」というビートサンプリング含めたパンチラインを吐き出し、優勝しました。

 

まとめ

 

以上が私の好きなバトルMCのごく1部を紹介させていただきました。

 

彼らのバトルはYouTubeにあるので、いろいろなバトルを見てみて、自分のお気に入りのMCや、好きなバトルなどを見つけてもらえれば、嬉しいです。